スポンサードリンク


目薬で防腐剤フリーなのは?人工涙液型点眼剤のソフトサンティアの成分とは


傷ついた目には防腐剤がほとんど入っていない目薬を選ぶことが必須!

私が軽度の目の乾きやドライアイの症状がでて眼科へいったら、
「人工涙液型点眼剤」(ソフトサンティア)などを
処方されました。


「人工涙液型点眼剤」(ソフトサンティア)は涙にかなり近い成分で
できています。

成分は  塩化カリウム 0.1%
     塩化ナトリウム 0・4%
添加物は ホウ酸、pH調節剤


です。

コンタクト(ソフトもハードも)の上からもさせて、
目の乾きや目の疲れ、目のかすみ、目やにの多い時に有効だそうです。

1回2〜3滴、1日5〜6回点眼とかかれてあります。


この目薬を処方された時、「何回さしてもイイです」
と言われました。
涙に近い液体だから、大丈夫なんだ、くらいにしか思っていませんでしたが、
防腐剤がかなり少ないのです。


添加物のところに書いた、ホウ酸は目薬の保存剤として
他の目薬にも使われています。

しかし、他の目薬に比べてごく微量なので目に問題がないのです。
この目薬は、ふたを開けてから、10日間しか使えない目薬なのです。
内容量は5ミリリットルなので、眼が乾く人やドライアイの人なら、
10日でちょうどなくなるくらいの量です。


通常の目薬は、開封後1年くらいはもちますよね?
それと比べれば、防腐剤などの少なさが、うかがえます。


この目薬は病院でなくても、薬局などで買うことができます。
1箱4本入りで600円前後くらいです。
病院には行く暇がないけれど、目のかわきやドライアイ症状を
どうにか改善したい方にはかなりおすすめですよ。


眼科の院長先生が「何回さしてもいいよ」と言ってくれた目薬なので、
かなり安心して使うことができています。

しかも、防腐剤が入っていない分、4本に分けて入っていますので
1本目でドライアイ症状がとりあえずおさまったら、残りの3本は
2年くらい保存しておけますよ。

開封後は10日以内に使う必要がありますが、
開封していなければ、2年も保存できるのですね!
| 目の乾きに優しい目薬

スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。