スポンサードリンク


寝付けないのはパソコンやスマホのしすぎ?ブルーライトが睡眠に影響



パソコンやスマホのブルーライトが睡眠に影響するってほんと?

PCで仕事をしたり、PCでの副業をしていると、
一日中PCの画面にくいついていますよね?

合間でみるのもスマホ。
ちょっと息抜きにみるのもTV.

これ、すべてブルーライトを発光しているものなのですよね;


私にも経験がありますが、
PCをずっと見ていた日は、目が疲れて早く寝たいのにもかかわらず、
全く寝られない!!

なぜ?

不眠症になっちゃったの?

と思いきや、ブルーライトにその原因があったのです。


ブルーライトの光の種類は「青で、波長の短い光」なのですが、
波長の短い光は波長の長い光より、散乱しやすく、疲れやすい
ようなのです。

この青い光は、朝日に似た光で、夜でも朝日に浴びていることで、
体内時計がくるってしまうということが考えられます。


また、青い光はピントをぶれやすくしてしまうので、
目は一生懸命焦点を合わせるために
目の筋肉が緊張状態になり、
長時間続けていると極度の目の疲労がおこります。


また、ブルーライトが余計な瞳孔の反応を引き起こすため
目が疲れてしまうのです。
(瞳孔反応とは、目の動向が開いたり閉じたりする反応)



ブルーライトの目への影響や睡眠障害をなくすためには?


@パソコンの画面の色を暗めの色にする
APCモニターの照度を下げておく
BPCの置き場所として、直射日光や部屋の照明が
 画面に映らないようなところに設置する
Cパソコンのブルーライトカットのメガネを使う
Dパソコンでの作業の間で遠くをみて
 目の筋肉が緊張状態にあるのを解いてあげる


このようなことで、目の疲れは随分と違ってきます。
さらに目の疲れを解消したい!という方は、
疲れ目のツボ押し法のページへ⇒
| なぜ視力が低下する?

スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。