スポンサードリンク


ホウレンソウのルテイン含有量は?1日の必要量が1/3で採れる


ルテインは、自分の体では作られない!だから摂取が大切!



ホウレンソウを摂取すると
そのルテインのほとんどは
目の水晶体と網膜に蓄えられます。

ルテインは、酸化が原因で起こる眼精疲労、目の病気と視力低下
を予防して、眼を守っているのです。

具体的には、ルテインが目を攻撃する酵素である、
活性酸素の発生の元になる、可視光線の青色光や
紫外線を吸収して、目の中の組織を保護するとともに、
抗酸化力で網膜や水晶体が参加するのを抑制してくれます。


前ページでルテインが含まれる食べ物として、
ホウレンソウを紹介しましたが、
ホウレンソウ100gに含まれているルテイン量は
10r程度です。


スーパーで売られてある、
ホウレンソウの1/3の量位で、一日分のルテインが取れます。
1日分は約6ミリグラムが理想的。


また、ケールはキャベツの中まで、青汁にも使われていますが、
なんと、ホウレンソウの2倍もルテインが含まれています。
しかし、苦くて、あまり食べにくいですよね;


他にも、
ブロッコリーやレタス、グリーンピース、夏カボチャがありますが、
ホウレンソウの1/5以下の含有量なので、

ルテインを摂取したい場合は、ホウレンソウを食べることが
一番、手っ取り早いというわけです。


しかも、ルテインは、油分に溶けやすく
炒めて食べると、体への吸収率が高くなりますよ。




<ルテインを効率よく吸収するためのワンポイントアドバイス>
ルテインの吸収率を上げるために大切なのは、
運動とストレスをためないことです。

運動不足やストレスは、肝臓の機能低下を招き、
脂肪分と一緒に吸収されるルテインが吸収されにくくなってしまいます。
他にも、喫煙や過労の場合も肝機能の低下を招いてしまいます。
また、ストレスやたばこは活性酸素をたくさん増やすもと!


活性酸素が体内にたくさん発生すれば、
ルテインがたくさん消費されてしまい、
目を守るところまで残りません…。

しかも残念なことに、加齢とともに、ルテインを蓄えておく力は
衰えます。若くても生活習慣がよくない場合は、
不足気味になります。


積極的にホウレンソウを食べて、ルテイン不足を解消して、
目を守っていきましょう!
| 眼精疲労に効く食べ物

スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。