スポンサードリンク


下まぶたがぴくぴく痙攣して頭痛が起こったことありませんか?


下まぶたの痙攣はどうして起こるのでしょうか?


最近、パソコンやテレビをみていると、どうもまぶしい
瞬きを何度もしないと目があけていられない
目が疲れて、まぶたがぴくぴくする
目の下の部分だけが、頻繁にひきつったようになる


下まぶたの痙攣は眼瞼痙攣(がんけんけいれん)といって、
無意識のうちに、下まぶたの筋肉が収縮してしまう
「病気」なのです。

しかも!40代の女性が一番多い年代なのですよ;

怖いのは症状が進行したとき。

最初は、目が乾いてしょぼしょぼしている
まぶしい
ぴくぴく痙攣するくらいなのですが、

進行していくと、まぶたが下がりやすくなって
目が開けていられなかったり、
うまく歩行ができず、段をふみはずしたりして
生活に支障がでてくるようになります。


まぶたの痙攣が続くようであれば、
医者に相談してみることをお勧めします。

服用中のくすりについてや、
見えにくいものがあるか、
まぶしいと思う時はいつか
症状は何時くらい、どれくらいの間隔で起こっているか
目の痛みやかゆみがあるのか
両目におこるのか、片目だけなのか、
いつから症状が現れてきたか

などを伝えることが大切です。

ただ、身体的な疲労、眼精疲労が重なって
一時的に出てきている場合もありますので、
まずは、休養をとるのが先決です!

とくに、頭痛がある場合は、
体や脳が疲れている場合も多いので
しっかり休まれることをお勧めします。

無理をしすぎると、もっと頭痛や目の奥の痛みへと移行してしまい、
回復に時間がかかる場合もあります。
私の場合は、入院することになってしまいましたので…。

| まぶたの痙攣について

スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。